WEB内覧を参考に

厚木で注文住宅を建てるならWEB内覧を参考に

厚木に注文住宅を建てる場合、自分の拘りを持って家の間取りや構造に生かしてもらう他に、厚木という特有の地域性に対応した住宅の構造やつくりにする必要があります。快適な生活をその家で送るためには必要な要素ですが、その拘りを盛り込む際に、注意しなければいけない点があります。それは、実際に完成した後の使い勝手や快適性はどうなのかということです。

注文住宅を建てる場合に気になるのが、どのような家になるのかを確認できないことです。一般的なメーカーの既成の住宅であれば、モデルハウスなどでそのイメージを確認することが出来ますが、注文住宅の場合全く新しい、どこにもない形で建てる場合が多いのでそのイメージがつかみづらく、不安になる部分が多いと思います。そのため、実際に自分の拘った部分の使い勝手がどうなのかを確認することが出来ません。

そんな時は、注文住宅のWEB内覧を利用する方法もあります。

住宅メーカーでは、注文住宅を建てた方の協力で実際に建てた家の写真などをWEBに掲載しています。特に注文住宅を建てた際の施主の拘った部分などを施主のコメント付きで掲載している場合もあります。実際に使ってみた感想も掲載されているので、非常に参考になるものです。

厚木のようなおしゃれな地域では、注文住宅を建てる人も多く、一人ひとり拘りを持っており、実際にその拘りをWEB内覧という形で発信してくれる人も多いのです。これは厚木に家を建てる際に同じ地域として参考にしたいものです。

また、WEB内覧には一般のモデルルームではわからない情報も多く発信されています。使い勝手の部分について、モデルルームなどではやはりメーカーが主催しているものなのでよいところしか見えないのですが、実際に使用した立場からの率直な意見が掲載されています。たとえば実際に使ってみたらこのようなところが不便、あるいは問題、といったマイナスの部分も掲載されているので、自分が注文住宅を建てる際の注意点として意識できます。

注文住宅は、他に同じ住宅がほとんどないのが魅力であり、自らの拘りを表現した家を建てられることで非常に魅力的な部分がありますが、住宅に関する知識が乏しい場合が多いので、どうしても実際に建ててみると使い勝手が悪いといった問題が置きがちです。もちろん、打ち合わせの際に工務店や設計士などがアドバイスをしてくれますが、最終的に決定するのは自分です。

せっかく拘るのですから、WEB内覧などを利用して自分でできる限りの情報を集めて、決して完成した後に公開しないような拘りと使い勝手を両立した家を建てたいものです。”