坪単価を考える

厚木の注文住宅の坪単価を考える

厚木で注文住宅を建てるとき、坪単価がいくらになるか気になると思います。よくこの単価を比較して、安いとか高いとかの話題になりますが、これだけで判断するのは大きな間違いなのです。

厚木で注文住宅を造る場合に、お客様から坪単価これぐらいでして下さいと言うのは理解できます。その価格に見合うような材料や設備機器類の仕様にすることで、価格を合わせる事が出来るからです。しかし最初から予定価格をはっきり明示する事はやめておきましょう。

予定価格が分ると、安い材料や設備機器類のグレードを落として、自社の利幅を大きくしようとするよからぬ会社もあるからです。

厚木の注文住宅の場合、使用材料や設備機器類をグレードの高く価格まで高いものを使用すると、当然坪単価は上がってくるのです。例えば40坪の住宅で、システムキッチンやシステムバスそして洗面化粧台や便器などの設備機器類を一般仕様より40万円高価なものに変更しただけで、直ぐに単価が1万円アップするのです。

一般の人は専門家ではないので、材料や設備機器類などのグレードや価格は分らないでしょう。良い物を使っているぐらいは分っても、価格までは分らないので単価を比較する事でしか判断できないのは当然です。そこで厚木の注文住宅の予定価格のある場合はどう判断するかです。

システムキッチンやシステムバスまた洗面化粧台や便器などの設備奇異類は、夢や要望もあり簡単に取り和えられないので優先させて、メーカーのモデルルームなどに見学に行きあらかじめ決めておく事です。

そのときの価格も分るので控えておくか、見積もりを貰っておきましょう。そして設計にかかったらこの設備機器類を組み込んでもらうようにします。

設計事務所で設計する場合は、予定価格を事前に知らせて構わないので、この設備機器類を組み込む事で価格の上がらないように、他の部分で調整してもらい予定価格内で収まる様にします。

施工会社や工務店で設計施工でお願いする場合は、過去の注文住宅の施工事例と坪単価を教えてもらい、それと比較して自宅の注文住宅の単価を比べる事で他の単価をおさえて貰って価格調整をするようにしましょう。

事前にモデルルームや知人などの注文住宅を見学して、どの様な材料や仕様でどれ位の坪単価になるかを調べておくと良いでしょう。そして何を最優先にして、予算オーバーしたら何を減額対象にするのかをあらかじめ決めておくと、例え予算オーバーしてもうろたえる事はないでしょう。”