工務店の選定

厚木の注文住宅の工務店の選定について

厚木で注文住宅を建てるときの工務店の決め方は、大まかに考えると二通りの方法があるでしょう。まず一つ目はこの厚木の注文住宅の設計を設計事務所に依頼した場合です。設計が完了すると、工務店に見積もりを依頼しなくてはなりません。この時複数の工務店に見積もりを依頼して、競争見積もりで決定する場合です。

最低価格のところに決定する事になります。また匿名で一社だけに見積もりをお願いする場合です。この場合は予定価格をオーバーしたら、お客様と設計事務所で減額案を作り、予定価格までこぎつけるようにします。

いずれの場合も設計事務所がこの厚木の注文住宅を施工するに値する、経験豊富で技術的にも問題の無い信頼できる工務店を選定してくれるでしょうから、安心してお願いできる事でしょう。二つ目がこの厚木の注文住宅を設計施工でお願いする場合です。最近特に利用されているのが、各施工会社のホームページを参考にする場合です。会社の社訓や社是、また社長の考えと共に今までの施工事例を掲載しているものがほとんどです。

この施工事例を見て自分の希望や要望に沿ったものがあるようなら、一度会社訪問なりで話を伺って参考にするのも良いと思います。場合によっては気に入った施工会社を数社ピックアップして、各社を訪問して差し支えなければ今までの実績の注文住宅を見させてもらうと良いでしょう。この施工会社訪問の際は、社員に活気があるか社内がきれいに片付いているか等、会社の現状もしっかり見ておくことです。

活気が無かったり社内が煩雑しているような会社は、将来に不安があるのでやめた方が良いでしょう。また実績の注文住宅の見学に行き、建築主に会う機会があると思うので、手土産を持参して丁寧に挨拶をしておきます。

これは後日自分ひとりで訪問して、施工会社の実態を聞くためです。施工会社と一緒の時は、建築主の本音を聞きだすことは無理だと思います。

後日一人で行くと建築主の本音が引き出せるので、この場合も評判が良いと信頼してお願いしても問題ない会社と考えても良いでしょう。数社がどうしても気に入り、どこにしようか迷う場合もあるでしょう。

その時はこの数社に断りを入れて、コンペを行うと良いでしょう。各社のプランと見積もりそして会社経歴書を貰って、自分で一番気に入ったところにお願いするのです。

この時注意すべきことは、価格やプランはもちろんですが、将来的に有望かどうかも判断します。注文住宅は必ずと言っていいほどメンテナンスが発生するので、経営状態の良い工務店にお願いする事です。”