頭金について

厚木県の注文住宅を購入する際の頭金について

厚木県は海にも山にも近いので自然が多く、都内にもアクセスしやすいので、子育て世代にとても人気がある土地なのです。

特に厚木県内で人気が高い土地は横浜や川崎です。ここは都内ほど人が多くないので生活しやすく、電車も多く走っていますので、都内へのアクセスがとてもしやすいということから、とても人気のある土地となっているのです。

特に一軒家を注文住宅で建てたいという子育て世代が多くなっているのです。

マンションを購入したとしても、小さい子供がいると夜泣きや足音などでトラブルになってしまうことも多くあるのですが、一軒家なら隣の家と少し距離があるということや、壁を防音にすることもできますので、子供の出す生活音を気にすることなくのびのびと子育てができるというのが最大のメリットなのです。

せっかく一軒家を建てるのなら建売ではなく、間取りを自由に決めることのできる注文住宅にしたいと考えている人も大勢いますが、そこで重要になってくるのが、どのくらいの頭金を用意したらいいのかということです。

頭金は木造か鉄骨かによって用意する金額が変わってきますし、土地の広さや二世帯住宅にするのかによっても変わってくるので具体的な金額は人によってそれぞれ違うのです。

厚木県で注文住宅を建てる場合、工務店に頼むか展示場に行って大手メーカーに見積もりを出してもらうかで最終的に支払う金額や用意する頭金も大きく変わってきてしまいます。

しかし頭金が多ければ多いほど住宅ローンの借入額を少なくすることができ、返済期間も短くなりますので、多めに用意しておくことをおすすめします。注文住宅の見積もりを出してもらう際には頭金を少なく伝えておくことが、値段を落とすためのポイントなのです。

多く持っていることを知られてしまうと、それ相応の家の間取りと設備が付いた金額を提示されてしまう場合がありますので、初めに少なく知らせておくのが注文住宅の値段を落とすポイントになるのです。

後々の値段交渉の際に、まだ少しなら出すことができそうというスタンスで交渉していくことがおすすめです。大手の住宅メーカーに見積もりを出してもらう際には、あまりブランド品などは持って行かずに地味な服装で行くということも値段を落とすポイントの一つになるのです。

大手の営業マンは洋服のブランドや持ち物をしっかりと見て、上客になりそうな人からターゲットにしていくので、ある程度地味な服装で行くことがポイントなのです。”