厚木の注文住宅

厚木の注文住宅はいくらかかるのか

厚木県は常に住みたい街ランキングで上位を獲得するところなのです。県内には横浜という国際都市があるのです。横浜はとくに人気が高い街なのです。昔から神戸と並んで貿易港として栄えたことから、非常に異国情緒が漂い、スタイリッシュでおしゃれなイメージが付きまとうのです。実際、外人墓地や旧居留地などもあることから、外国の文化が色濃く残り、非常にオシャレな街並みを色濃く残しているのです。

こうした人気の高い都市で旧居留地のような外国風の家を建てて住みたいとする人も多いのです。こうした洋風の外国製の家に住もうと思うならば、一般の建売住宅ではダメなのです。注文住宅と言ってオーダーやセミオーダーで家を建築する必要があるのです。

注文住宅は一体いくらの費用を想定しておけばよいのか非常に気になるところです。注文住宅の上限額はキリがありません。すべての建材、建具、クロス、庭など全てに拘り出したら億単位は必要になってくるのです。最低でもいくらかかるのかと良く相談を受けるものです。しかし建物の上物だけで、最低でも2000万円から3000万円は必要になってくるのです。

特に横浜市内に注文住宅の建設を検討するならば、土地の費用もいくらかかるか充分把握しておかなければいけません。横浜市内の土地は東京都心と何ら遜色ないほどの高値をつけているものです。

土地の坪数によって価格は異なりますが、土地代だけで3000万円かかるのであれば、トータルで6000万円前後の費用がかかってくることを覚悟しておく必要があるでしょう。

厚木県でも横浜を離れ厚木県相模原市、川崎市などになれば土地代をもう少し抑えることが可能になるのです。注文住宅は住宅展示場などに行くと、何社かが住まいの提案をしているのです。注文住宅のモデルハウスに入ってみると、建売住宅とは明らかに違いを実感することができるのです。

柱一本、クロス一枚、扉や窓ガラス、門扉に至るまで拘りを随所に見ることができるのです。どの建材、建具をとってみても、どこかのハウスメーカーの展示で見たことがあるようなものは一切使われてはいないのです。扉の窓にも特注のステンドグラスが用いられ、システムキッチンもイタリアから直輸入であったりと拘りの逸品ばかりなのです。

個性やオリジナリティ、独自性に強いこだわりを持つ人には非常に最適な住まいなのです。

しかし水回りのゴムパッキン一つ取り換えるにも海外から輸入の必要があり高額な費用がかかるなど、長年住んで行くうえである程度不便を感じることがあることも心得ておかなければいけません。”